fc2ブログ

Entries

名古屋港ポートビルとポートブリッジ

 名古屋港の中心・ガーデンふ頭に、ひときわ異彩を放つビルがある。まるで海に浮かぶ白い帆船のような形をしている。「名古屋港ポートビル」と呼ぶ。名古屋港の陸からも海からも眺めることができ、ランドマークの役割を果たしている。
 昭和59年(1984)年に開館した高さ63mの高層ビルである。内部には管理事務所・会議室やレストランがある。3階と4階は「海洋博物館」、最上階の7階は展望室になっている。このユニークな建築デザインは、「都市景観賞」や「中部建築賞」を受賞している。

ポートビル マップ

 水面を挟んだ西側に「名古屋港水族館」がある。東側の「ポートビル」と結ぶ歩道橋を「ポートブリッジ」という。全長180m、ホップ・ステップ・ジャンプをするように5つのアーチが橋を跨いでいる。水族館への期待感が躍動するような演出である。
 橋の両側にも、港ならではの景色を見ることができる。南側にはボートの船着き場があり、名古屋港周遊の船やブルーボネット行きの水上バスの発着所となっている。北側には、現役を引退した「南極観測船ふじ」が係留されている。「南極の博物館」として余生を送っている。

ポートビルG



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/881-081d3938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ