fc2ブログ

Entries

中川橋と日光川水閘門

 中川橋は、2018年5月9日にご報告した。この時はまだ建設途中であったが、現在は完成しているので再度取材した。この橋は、国道23号が分岐して金城ふ頭へ向かう道路が中川運河を渡る橋である。長さ48mのアーチ橋である。
 昭和5年(1930)に完成しており、名古屋市内では最も古い「鋼鉄製アーチ橋」である。90年近く経過して老朽化が著しかったので、架替えが検討されたが、「景観的にも歴史的にも貴重である」として車線を増やして再利用することとなった。いろいろな角度から写した橋の姿を見ていただきたい。

日光川マップ

 日光川水閘門も、平成30年(2018)年に移転再整備が完成した。この地域は全国でも最大の「海抜ゼロメートル」地域であり、この水門は防災の要になっている。「水閘門」という意味が分からなかったが、現地を見て「水門」と「閘門」であることが分かった。閘門は船が通過するゲートである。
 旧水閘門の運用開始は昭和37年(1962)である。伊勢湾台風による災害の3年後に完成した。運用から60年近く経って老朽化したことと、巨大地震による津波が懸念されることから改築が進められたのである。少し上流で、古い水閘門の撤去工事が行われていた。(下右の写真)

日光川G

季節通信191ヤマユリ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/884-ff7a8249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ