fc2ブログ

Entries

養老の源氏橋

 今度は、源義朝である。家康は四日市から船で常滑に渡った(2022・6・26)が、義朝もやはり小舟で野間へ逃れた。平治元年(1159)、平治の乱で平清盛に敗れた義朝は、勢力圏である関東に落ち延びるため東へと向かっていた。途中、大垣の青墓という所から舟で知多へ渡ることとした。
 養老駅のすぐ東に「源氏橋」という石橋がある(前回の図面参照)。ここから乗船したという記念の橋だが、川は2~3mの細い水路である。南に流れて、揖斐川の支流・津屋川に合流する。義朝の主従5人が「柴舟」という小さな川舟に乗ったというが、果たしてそのまま伊勢湾を渡れたのだろうか。

源氏橋G

 現在、石橋は車道から少し離れたところに架かっている。橋台は石積みだが、橋脚も高欄も切石造りである。親柱に仮名?で「げんじはし」と記してある。もう一つの柱には、「明治十三年」と刻まれている。高欄の石板に源義朝の家紋「笹竜胆(ささりんどう)」がレリーフとなって描かれている。
 野間まで逃げ延びることができたが、頼りにした知人の裏切りにより風呂場で討たれてしまった。野間大坊には義朝のお墓があり、後世の人たちが木刀を奉げている。(2020・6・21参照)
 鎌倉時代、江戸時代、それぞれが始まる前段で、歴史が変わるかもしれない大事件があった。

源氏橋H

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/897-c9e39add
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ