FC2ブログ

Entries

大垣城と大洪水記念碑

 関が原をはさんだ西の彦根城と東の大垣城は、東西の勢力にとって重要な位置を占めている。慶長5年 (1600)、石田三成は大垣城に入城して西軍の本拠とした。そして、中山道を大阪へ向かおうとする徳川軍と、城から見下ろす赤坂の地で緒戦を開いた。「杭瀬川の戦い」 といい、ここでは西軍が勝利を収めた。その後、両軍は戦いを関が原に移して、天下分け目の決戦が行われたのである。
 大垣城は天文4年 (1535) に宮川安定が築城した。水門川を利用して外堀とした平城である。天守閣は慶長元年 (1596) に造営、四重四層建て総塗りこめの優美な城である。時代が下って、昭和11年には国宝に指定されたが、昭和20年の戦災で焼失してしまった。現在の城郭は、昭和34年に鉄筋コンクリート造りで再建されたものである。

大垣城A

 木曽・揖斐・長良川の流れる西美濃の輪中地帯は、長年に亘って洪水との戦いに明けくれてきた。明治29年(1896) の7月には大雨が、9月には台風が襲来して大垣の町は水浸しとなった。天守閣の北西角に小さな記念碑が立っている。災害を永く忘れないようにと建てた石碑で、石垣にもその時の水位が刻まれている。 (赤い矢印)

大垣城マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/91-f5916aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ