fc2ブログ

Entries

中山七里と境橋

 国道41号は名古屋から小牧・美濃加茂を経て、下呂・高山・飛騨を通って富山に至る。日本列島の最も幅広い所を横断する道路である。JR高山線も岐阜が起点であるが、ほぼ同じルートを走る。途中、飛騨川に沿って北上する。
 飛騨金山駅近くに架かる「境橋」から、下呂の「六見橋」あたりまでの渓谷を「中山七里」と呼ぶ。急峻な山地を飛騨川が浸食したもので、奇岩が多く岩ツツジなどもへばりついている。春は桜、秋は紅葉が美しく、夏は蛍が飛び交うという。

境橋G

 「境橋」の架かるこの地は、かつて美濃と飛騨の国境になっていた場所である。尾張と三河の国境いを流れる川を「境川」と呼ぶのと同じであろう。初めて橋で繋がったのは明治12年(1879)のこと。その後、数回に亘って洪水で流されてしまった。現在のものは昭和5年に造られた。
 橋を渡った東側に、お地蔵様と簡単な道しるべがある。子安自蔵、住吉権現と刻まれた石柱も立っている。その手前の舗装にマンホールがあって、鋳鉄に「国土地理院・水準点」と記されている。ここは、伊能忠敬が「飛騨の起点」と定めた地点という。

境橋H

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/910-e3524a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ