fc2ブログ

Entries

下呂駅と六見橋

 中山七里の終点はこの辺り。川幅も広く、堆積平野も広大である。豊富な温泉が湧くので有名な観光地となった。「日本三大名泉」に数えられる「下呂温泉」である。ただ、湯壺が川底にあり、水害の度に逸失してしまうので、温泉街として確立したのは源泉が技術的に安定した大正時代以降という。
 国鉄高山線が下呂まで延伸したのは昭和5年(1930)、交通の便ができて観光熱は一層高まった。下呂駅は終着駅として開業した。島式も含め3線のプラットホームがあり、跨線橋で渡る。木造平屋の駅舎とともに、建設当初の雰囲気を保っている。

下呂駅G

 下呂駅より600mほど下流に「六見橋(ろくみばし)」がある。架橋は昭和6年、高山線の開通と期を合わせている。鉄道線路が右岸にあるので、左岸側の湯之島地区への行き来を図ったのであろう。この地には、それ以前に吊り橋があり、さらにその前は「塚田の渡し」という渡船場があった。
 型式は2連の弓弦状アーチトラス、細い部材で構成されているので瀟洒な雰囲気である。現在は県営であるが、建設は下呂町(当時)が行った。昭和の時代は鉄道による観光客も多かったが、道路整備が進んだ近年は激減し、下呂駅の乗降客は1日1000人以下、観光客はその20%ほどという。

下呂駅H
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/911-fafaeb46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ