fc2ブログ

Entries

鞍ヶ池公園と「虹の架け橋」

 鞍ヶ池公園は、豊田市市街地(合併前)の東部丘陵にある。農業用ため池「鞍ヶ池」一帯に広がる広大な総合公園である。愛知高原国定公園という豊かな自然環境を生かし、子供たちの遊具がある「プレイハウス」、自由に遊べる「芝生広場」、丘の上の「展望台」などがある。
 また、大きなバードホールのある「動物園」や二つの温室を持つ「植物園」もある。動物園に隣接して「観光牧場」や「動物ふれあい広場」も整っている。牧場の手前には名鉄最古の車両が展示され、園内にはトレイン・バスが走っている。いずれも真赤に塗装されて、森林の濃緑・芝生の黄緑と見事に調和している。東海環状自動車道の「鞍ヶ池PA」からも利用でき、交通の便も良好である。

鞍ヶ池H

 公園の中央を、県道343号が南北を分断して走っている。横断歩道が何本かあるが、観光牧場と若草山をつなぐ橋を「虹の架け橋」という。中路式のニールセンローゼ橋、そのアーチが虹のように見える。丘の上部を結んでいるので道路面から15mと高く、見上げるような位置にある。
 昭和59年(1984)に完成、橋長91mで幅員は5mである。県道を走りながらも個性的な景観を見ることができるが、歩いて渡っても面白い形をしている。見る角度によって形が変化する。このようなデザインも含めて、土木学会の「田中賞」を受賞している。

鞍ヶ池G

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/913-593261aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ