fc2ブログ

Entries

旧大野銀行本店と土蔵

 江戸時代、信仰と遊山を兼ねた「講」という団体旅行が流行した。大野は、鳳来寺への「鳳来寺道」と秋葉山参りの「秋葉街道」の交差する宿場町として繁栄した。明治になると、豊橋と別所(今の東栄町)を結ぶ「別所街道」が開通し、大正12年には鳳来寺鉄道の「三河大野駅」も開設された。
 このように交通の要衝であるとともに、当時は林業・蚕産・製糸業などの隆盛もあり、大野は経済・運輸の中心地になった。「大野銀行」はそうした時代の要請を受けて、地元の素封家たちにより設立された。大正14年(1925)のことである。

大野マップ

 その後、東海銀行との合併や信用金庫への改変などの歴史を経て、平成18年(2006)に銀行としての役目を終える。現在は「美術珈琲(カフェ)・鳳来館」として親しまれている。銀行時代の内装を巧みに利用しながら、竹久夢二の作品などレトロな美術品の展示を行っている。
 北隣には古風な土蔵が別館ギャラリーとして利用されている。元々は、商家のお蔵として明治中ごろに建てられたが、隣接して大野銀行ができてからは銀行の書類倉庫として使用された。東隣に接して、緑色の瓦屋根を持つ個性的な建物がある。銀行との関係は不明であるが、現在は「和風仕出し・若松屋」として営業している。

大野G

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/921-47805fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ