FC2ブログ

Entries

旧大浜警察署

 「藤井達吉現代美術館」 を南に下ると、大浜漁港の運河 「堀川」 に到る。そこに架かる 「湊橋」 を越えると、左側に古風な洋風建築が建っている。この建物はかつての大浜警察署で、現在は 「大浜下区民館」として使われている。
 最初は明治20年に、岡崎警察署大浜分署として木造の庁舎が建てられたが、老朽化のため大正13年に鉄筋コンクリートで建替えられた。建築様式は、「セセッション様式」 を部分的に取り入れたものである。セセッション様式とは、大正時代に日本で流行した建築様式で、直線的な幾何学模様を取り入れたデザインである。八角形の3階と屋上は、火の見櫓の役割も果たしていた。

大浜警察署A

 その敷地の角に、「バロメートル」 と刻まれた石の柱が立っている。ガラス張りの小窓の中には、気圧計と温度計が入っている。港から漁に出る時に、漁師が天気を予測するのに利用した。大正13年に撮影された警察署の写真に写っているので、それ以前に設置されたものであろう。
 「湊橋」 の橋詰め広場にも、高さ1mほどの石柱が4本立っている。これは、この橋がかつて木橋だった時の親柱をモニュメントとして残したものである。

大浜警察署マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/94-fead1e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ