fc2ブログ

Entries

津の「江戸橋」と四日市の「笹川パークブリッジ」

 三重大学の学生が名古屋から通学しようとすると、普通は近鉄を利用することとなる。津駅のひとつ手前の「江戸橋駅」は、特急は止まらないが急行は停車する。名古屋から1時間ほどなので、津に下宿せずに名古屋から通う学生も多い。
 江戸橋駅からは、志登茂川を跨ぐ「江戸橋」を渡って国道23号・通称伊勢街道に出る。大学のキャンパスは道路の反対側なので、交通量の多い国道を横断しなければならない。「江戸橋横断歩道橋」ができたのは昭和47年(1972)のことである。

江戸橋マップ

 50年ほど経った平成30年ごろ、河川改修に伴って市道の付け替えが必要となり、この歩道橋は撤去されることとなった。通常歩道橋は、道路幅員が様々な所に架かっているので、再利用される例は少ない。ところが、四日市の笹川団地の公園に適しているということで移転が決まったのである。
 笹川団地は四日市郊外に、50年ほど前に造成された大団地である。交通量の多い環状道路を挟んだ両側に笹川西公園がある。新設小学校の通学路にもなっていることから、安全に渡れる横断歩道橋が求められたのである。両側が公園であるので、長さや、面積を取るスロープ設置も問題にならなかった。今は、子供たちから「ぐるぐる階段」の愛称をもらって親しまれている。

笹川マップ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/945-440c7849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ