FC2ブログ

Entries

愛知用水あいち池

 春日井・瀬戸・名古屋東部から知多半島にかけての丘陵地帯には大きな河川がなく、田畑に使う水は谷の上部を堰き止めた溜め池に頼っていた。“木曽川から水が引けたら” との想いは、土地の人々の長い間の悲願であった。夢が叶ったのは昭和36年、「愛知用水」 が完成した時である。
 長野県王滝村に牧尾ダムを造って水を溜め、岐阜県八百津町の取水口から水を引き入れて、知多半島の先端まで延々112kmを流れる用水である。途中、下流へ流す水量を調整するために造られたのが 「あいち池」 である。面積約97ha、貯水量は900万m3。堤防の高さ31m、長さは975m、土盛した体積は104万m3にも上る。

 あいち池A

 下の写真は、あいち池への流入口 「細口池暗渠」 である。用水の断面は、最初は逆台形であったが、昭和58年から始められた第2期事業により2列の長方形に変えられた。これは、需要の増加に応えるとともに、災害や工事のときにも供給を継続するための措置である。

あいち池マップ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/95-e30832a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

ランキングに参加しています!

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:「園長さんのガーデンライフ」
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ