fc2ブログ

Entries

ぼう僧川水門と野鳥観察小屋

ぼう僧川下流域は、かつての氾濫原や低平地が広がっている。しかし昭和50年以降、周辺部のベッドタウンとして宅地開発が急速に進んできた。静岡県の太平洋沿岸は、東海沖地震あるいは南海トラフ大地震の際には高い津波が予測されており、大きな被害が出ることが恐れられている。
昭和54年から(1979)この地域の津波対策が進められ、平成9年に「ぼう僧川水門」が建設された。水門の型式は「鋼製シェル構造スライドゲート(巻上時ローラー)」という。6門のゲートがあり、それぞれにガラス張りの操作室が備えられている。
 
水門G

 上流側は道路になっていて、操作タワーごとに管理用の鉄の扉が付いている。この入口は洪水時の避難通路を兼ねている。扉の中にはラセン階段があり、避難者は屋上まで登るのである。広場にも看板が立っていて、避難方法が分かりやすく示してある。
 水門周辺は公園になっていて、ハマボウの群落があることは先回ご報告した。その中心地に木造の高床式建物が建っている、これは「野鳥観察小屋」で、水面や中洲に生息する野鳥を観察することができる。カワウを始め、ヒドリガモやカンムリカイツブリ、ユリカモメなどを見ることができる。

水門H

季節通信210カゴノキ


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/963-3ab48b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ