fc2ブログ

Entries

裁断橋(熱田区と大口町)

 笠寺から宮の渡しへ向かう旧東海道が精進川(しょうじがわ=現新堀川)を渡るところに「裁断橋」が架かっていた。江戸時代には、この川を「三途の川」に見立てて、橋のたもとに「姥堂」が建てられていた。今では川筋も変わり、姥堂もRCの建物に変わってしまっている。
 ただ、建物の前庭に裁断橋の複製が残り、御影石の石柱に「裁断橋」「姥堂」の文字を見ることができる。昔の様子は、大口町の「堀尾跡公園」の陶板レリーフを見るとよく分かる。太鼓橋を渡る旅人がおり、渡った向うに熱田神宮の鳥居が見える。手前には瓦屋根の「姥堂」が建っている。

裁断橋H

 裁断橋には、息子を戦場に送り出す「母」の悲痛な物語が残されている。天正18年(1590)秀吉による小田原征伐に参戦した、堀尾金助という若者を見送った橋である。橋の擬宝珠には、母親が33回忌の供養のために橋を架け変えたことが記されている。
 堀口家のお城が大口町にあったことから、町を流れる五条川に裁断橋と擬宝珠が復原された。一帯は公園として整備され、「堀尾跡公園」と名付けられている。擬宝珠の本物は名古屋市の文化財に指定されており、損傷を防ぐために名古屋市博物館に保存されている。

裁断橋G

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/990-552e7329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ