fc2ブログ

Entries

牧野が池緑地と猪高緑地の竹林

 「竹林」と言えば、京都・嵯峨野(上の写真)を思い浮かべる。周辺の寺院や庭園と相俟って人気が高く、多くの観光客が訪れる。それにも負けず劣らぬ竹林が名古屋にもある。牧野ヶ池緑地と猪高緑地である。しかし残念なことに認知度が低く、多くの人々を呼び寄せるまでには至っていない。
 孟宗竹は大陸から伝わったが、13世紀に道元禅師が持ち帰ったという伝承もあるし、薩摩藩主の磯庭園では日本で初めて琉球から取り寄せたともいう。いずれにせよ、農業用の用材などとして使用されてきたが、近年では放置された竹林が多く、雑木林を侵食して迷惑者にもなっている。

竹林G

 牧野ヶ池緑地(中の写真)ではかなり手が入っており、枯れた棹や倒れた竹は綺麗に取り払われている。猪高緑地(下の写真)はまだ整備中の公園であり、現在は地域のボランティアの人たちの活動に支えられている。
 景観の大きな要素となる園路の人止め柵は、三者三様である。京都では、刈りはらった竹の枝を立てて独特の「垣」にしている。この写真では人の背より高くて見通しが悪く、少し鬱陶しい感じがする。牧野ヶ池は、金属かプラスチックの「擬竹」を採用している。猪高は園路舗装も「チップ」を播いただけという野趣な整備で、人止め柵も木杭にロープを張っただけ、あるいは伐採した竹を横に縛っただけの簡素なものである。管理上一長一短だとは思うが、私の好みは猪高方式である。

竹林H

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chubu-fukken.com/tb.php/992-54550071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

Appendix

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ブログを始めるに当って

 私ども「中部復建」は、戦後から一貫して土木施設の計画設計に携わってきました。地域の皆さんに、より身近に土木を感じて頂きたく先人が残してくれた土木遺産等を訪ね歩き≪中部の『土木文化』見てある記≫として、皆さんに紹介していきたいと思い、このブログを発信する事としました。  

コンパクト月別アーカイブ

最新記事

         

建設・補償コンサルタント

プロフィール

FC2USER480348EQK

Author:FC2USER480348EQK
森 田 高 尚
昭和21年6月 半田市生まれ
平成12年 東山植物園長
平成17年 名古屋市緑地部長
平成19年 中電ブルーボネット園長
平成24年 中部復建技術顧問
技術士:(建設部門・環境部門)
公園管理運営士 
著書:『園長さんのガーデンライフ』
監修:『世界一うつくしい植物園』
 (著者:木谷美咲)
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

        

検索フォーム

QRコード

QR
▲ページトップ